教科書を使って文法・単語・読解力全てを上げます!

小学校の授業では、会話の中で遊び感覚でおぼえた英語も、中学生になると教科としての英語となり、一気に近寄り難しく感じている生徒さんも多いと思います。少しの間でも勉強を怠っていると、急に分からなくなって困ったという経験はありませんか?

英語習得に向けて一番の近道は、ズバリ『教科書』の内容を効率よく身に着けることです。他に問題集を購入したり、教科書以外の教材を使用する必要はありません。教科書だけで十分です。

そのためにやるべきことは次の5つです。

①新出単語を覚える
②文法をルールとして理解する
③教科書の本文を音読する(英語⇒日本語の変換力)
④教科書の本文を暗唱する(日本語⇒英語の変換力)
⑤英作文に挑戦する

この①~⑤ができていれば、英語の基礎力は確実につき、また定期テストや実力テストでも必ず高得点がとれるようになります。中学の教科書は厚みがなく薄いですが、実は重要な文法と単語がとても上手に詰め込まれたバイブルのようなものです。『薄っぺらに見えて、実はかなり内容が濃い。』それが教科書なんです。実際、どんなに英語が得意でも、教科書の内容を完全にマスターできている生徒さんは殆どいません。

中学の3年間で学習する内容がしっかり身に着いていると

その後高校生になってからは、一人でも学習することができるようになります。英語の感覚(ベース)が出来上がっているからです。

Okada オンライン英数塾では、①~⑤全ての内容を生徒さんに実践してもらい、確実な英語力を徹底的につけてもらいます。

もし少しでも興味を持っていただけましたら、是非無料体験レッスンをご受講してみてください!もちろん、『体験レッスンの受講=レッスンの本契約』ということではありませんので、楽な気持ちでご参加いただけたらと思います。

質問なども何でもお気軽にお問い合わせくださいね♪