ちょっとした習慣で成績が上がります

今まで数学を指導してきて、数学が苦手な生徒さんに多いのは下記の状況(勉強法)です。

①そもそも数学の学習時間が足りていない
②問題を解いた後、丸付けまではして、そのまま放置している
③分からない問題は、解説を読んだり、先生に質問したりするけれど、その後一人で解き直しをしておらず、分かったつもりになって終わっている

苦手を得意にするために、どうすれば良いか

①の場合は、単純に家庭学習の時間を増やす必要がありますね。ただ、①の改善が一番難しいところです。本人にやる気がなければ、実行ができません。半月後、一週間後の目標を決めて、その後一日の目標を算出し、ゲーム感覚で取り組んでみるのもいいですね。Okada英数塾では、ご希望の生徒さんには、宿題のできた所までを少しづつ提出してもらい、毎日の学習のサポートをさせて頂くことも可能です。

②は当然ながら、せっかく問題を解くまでしても、できなかった問題は分からないままになるので、成績は上がりません。よく生徒さんに伝えているのですが、『問題を解く時間よりも、答え合わせをした後の時間(解説を理解する時間)をじっくり多くとる』ことが大切です。

③までできていると、あともう少しの所です。解説を読んだり、先生に教えてもらったり、先生と一緒に解くと、解き方が分かって『できた!』と嬉しい気分になると思います。ただ、そこで満足をしてしまうと、解けないままで終わってしまう可能性が高いです。なぜなら、自分だけの力では解いていないからです。解き方を教えてもらって分かったら、一度落ち着いて、白紙のノートに一から問題を解いてみましょう。そこで最後まで解くことができて初めて『できた!』と言うことができます。

一度苦手だと思ったら、その後もズルズルと苦手が続いてしまうパターンが多いですね。数学や英語の場合は特に、1年生~3年生まで学習内容が続いていますので、1年生で理解できなければ、2年生の内容も理解できません。苦手はできるだけ早く克服できるよう、ちょっとした努力を日々続けられたらいいですね。